初めて風俗アルバイトの面接へ行くときの心構え②

面接当日は、当たり前ですが時間厳守です。いきなり遅刻をするようでは印象が悪いです。これも当然ですが、帽子やマスクは外して面接を受けましょう。いよいよ面接が始まったら聞きたいことは何でも質問して納得した上で入店を決めて下さい。とくにお給料関係は間違いがないようにしっかりとメモや写メを取るなどして後で揉めないように対策をして下さい。プレイの内容もよく確認して下さい。今は減りましたが、ヘルスのお店なのに手コキだけすれば稼げるようなことを言うお店も存在しています。できることとできないこと(フェラはできるけどキスはNGなど)はあらかじめ伝えておけばトラブルも避けられます。あとは写真は顔も撮影するのかどうか、さらにモザイクは入るのかどうか、広告で使用することもあるかなども確認した方が無難です。悪質店なら無断でモザイク無しの写真を宣材として使う場合もあります。もし入店しようかどうか迷ったならその場で即答せず一旦帰ってから返事をしましょう。その場での返答しか認められないようなお店は断りましょう。悪質店の可能性が高いです。

初めて風俗アルバイトの面接へ行くときの心構え①

初めて風俗アルバイトで働く決心が付いたらいよいよ面接です。基本的には普通のアルバイトの面接へ行くのとかわりません。履歴書は不要なお店が多いですがそのお店独自の面接シートに記入を求められることもあります。服装はお店の業種やジャンルによりますが、貴女の普段の服装で構いません。無理にお店のコンセプトに合わせようとすると後で辛くなります。化粧もいつも通りでいいでしょう。でも接客業なのでスッピンは避けた方が無難でしょう。持ち物は身分証明書で顔写真があるものが好ましいでしょう。あまりに若く見えると身分証を複数求められる場合もあります。未成年に対する警察の取り締まりが厳しいからです。あとは、とても稀ですがお店によっては本籍入りの住民票の提出まで求められる場合もあります。これは国籍を確認するのが目的です。本来は必須の確認事項なので、とてもしっかりしているお店とも言えます。

②へ続きます

風俗アルバイトの業種と適性②

適性については実際にやってみないとわからないと言うのが結論ですが、それでもある程度は向き不向きがあります。

トークに自信があるならプレイ時間が長めな業種がいいかも知れません。例えば、高級ソープ、回春エステなどは平均して90分~120分位のプレイ時間です。このくらいの時間だとトーク技術がないと間が持たないということもあります。

逆にほとんどしゃべらなくてもいいのはピンクサロン、手コキ専門店、オナクラなどプレイ時間が30分~50分の業種でしょう。

言葉責めに自信があるならSMやM性感、オナクラがおすすめです。

演技ができるならイメクラ。アニメやゲームに詳しいならコスプレヘルスもオススメです。アニメやゲームの知識が接客にも生かせます。

見た目がお姉さん系なのかロリ系なのかによっても適性はあります。同じように年齢や体型によっても判断してみましょう。

10代なら若い子専門店、20代後半ならお姉さん系、30代40代なら熟女、人妻系。スタイルが良いならモデル系のお店、太っているならぽちゃり専門、バストが大きいなら巨乳専門店、バストが小さいなら貧乳のお店もあります。高身長専門のお店や低身長専門のお店も存在します。

風俗アルバイトの業種と適性①

一口に風俗アルバイトと言っても様々な業種があります。手だけの業種、口を使う業種、本番がある業種、マットを使う業種、鞭やロウソクを使う業種、コスプレをする業種、脱がない業種などなど例を挙げたらきりがありません。どの業種を選択するかは結局その女の子自身が「どこまでならできるか」という基準になると思います。※性的な意味での許容範囲のことです。以下に簡単に分類してみました。

★本番ができるなら・・・

合法的にはソープのみ

★他人とキスができるなら・・・

ヘルス全般、ピンクサロン、ソープ、ハイブリッドエステ、セクシーパブ(厳密には性風俗ではない)など。

 

★男性器を舐めることができるなら・・・

ヘルス全般、ピンクサロン、ソープ、ハイブリッドエステなど

★男性に舐められたり責められたりできるなら・・・

ソープ、ヘルス全般、ピンサロ、ハイブリッドエステなど

★素股(女性器の外側と男性器をこすり合わせて射精に導くこと)ができるなら・・・

ヘルス全般、ハイブリッドエステなど

★手コキしかできないなら・・・

オナクラ、M性感、回春エステなど

★服を脱がなくてもいいなら・・・

オナクラ、M性感、回春エステなど

※とてもおおざっぱな分類なので注意して下さい。例えばオナクラでも服を脱ぐ店もありますし、M性感でもヘルスプレイがあるお店もあります。なので実はこの分類にはほとんど意味がありません。でも貴女自身が「どこまでならできるか」しっかり考えることが大切です。

風俗で働くということのリスクと利点

風俗で働くことの最大の利点は「普通に働くより大金を得ることができる」ことです。以前より高収入ではなくなったとはいえ風俗は高収入の部類に入るでしょう。昔と比べて一番変化したのは「ただ裸になって性的なサービスをするだけ」で稼げていた職業から「勤勉に試行錯誤をしないと稼げない」職業になったということです。あとは他のアルバイトと同じで、時間に融通が利くとかお休みが取り易いということくらいでしょうか。一方リスクはたくさんあります。一番気になるのは「性病」ではないでしょうか。粘膜と粘膜の接触がある業種ではこの問題は避けて通れません。でも業種さえ選べば病気の心配はクリアできます。例えば手コキしかしないお店とか、回春エステなどがあります。性病にならない業種についてはまだ別記事でお話しします。親や彼氏や同僚に風俗で働いていることが知られてしまう「身バレ」もリスクですし、勘違いしたお客がストーカーになる危険もあります。業種によってはプレイがハード過ぎて骨折や靱帯損傷、肛門裂傷など大けがを負うこともあります。さらに精神的に辛い仕事なので心を病んでしまう女の子もいます。社会的な面では、風俗しかやってこなくて風俗業界から抜けられなくなってしまうこともあります。稼げていればいいのですが稼げていないのに風俗を辞められないケースが大半です。このように様々なリスクが伴うことを十分に理解してから働いて下さい。

初めて風俗で働くときの心構えとは

まず頭に入れていただきたいことは、普通にやっているだけでは平均の「月収25万円」前後しか稼げないということです。この金額で満足できる女の子はこれ以上このサイトを見る必要はないでしょう。ただ、基本的に年齢が上がるにつれて収入は減っていきます。もし貴女がすべての風俗で働いている女の子の平均年齢より高いのであればほとんどの場合だんだんと平均以下の稼ぎになってくるでしょう。次に大事なのは「明確な目標を持って働く」ということです。稼いだお金で学校に通うのか、自分で事業を起こす資金にするのか将来の為に貯蓄するのかなどです。間違ってもただ何となく、友達やスカウトマンに誘われたからという希薄な動機で働かないでください。若いときには普通にやれば平均の25万前後は稼げるでしょう。確かに大卒の平均初任給(手取り)が平均16~17万円(平成25年度の厚生労働省の発表)な時代。これに比べれば高く感じるかもしれません。風俗だと何の知識や資格もない女の子が社会に出ていきなり25万円を貰えるのは破格かもしれません。でもよく考えてください。風俗で働いても何の保障もありません。そればかりか様々なリスクが伴います(リスクに関しては別記事でお話しします)。性病、身バレ、ストーカー、業種によっては人生を左右するような怪我を負うかも知れないのです。しかも年齢が上がるにつれて稼げなくなってきます。私から言わせるとこの25万円という金額は安過ぎます。最後に一番大事なのは「とにかくより沢山のお金を稼ぐために働き出したことを忘れない」ということです。風俗を経験して接客が上手くなったり、色んな人に出会えて良かったとか、男性を癒すことにやりがいを感じたとか言う人もいるでしょう。そんなのは詭弁です。自己満足です。大金を稼がないと意味がありません。お金があれば不幸になる確率が減ります。将来ひとりぼっちになってもお金があればそれを打開できます。それが資本主義です。人には色んな生き方があると思います。もちろんお金がすべてではありません。でもお金が無いとほとんどの人は不幸になるはずです。お金が無くても家族がいれば幸せだと言う人がいるかも知れません。でもまったくお金がないと家族だって生まれないし、今は家族がいてもいずれは家族も離れていくでしょう。だからせっかく風俗で働くのであれば稼いで稼いで稼ぎまくりましょう。このことを忘れないでください。

初めて風俗アルバイトをする女の子へ②

前回の記事で風俗のアルバイトは稼げないという風にやや大げさに書きましたが、安心して下さい。それでも普通のOLさんの何倍も稼いでいる女の子はたくさんいます。よく求人サイトなどでは「日給35000円以上可能」とか「月給100万円も可能」などと記載されていますよね。もちろん、より多くの女の子に面接にきてもらいたいからやや大げさには書いてあります。でも実際にその金額が稼げないかというと、そんなことはありません。本当に稼いでいる女の子もいます。でも平均の何倍も稼いでいる女の子は例外なく努力をしています。どんな仕事もそうですか努力しなければ他人より劣ってきます。昔なら女の子がただ裸になってちょっとエッチなことをするだけで普通のサラリーマンの2~3倍は稼げましたが今はそんな時代ではありません。風俗アルバイトで稼ぐのにも勤勉さと努力が必要です。「楽して稼げる仕事ではない」というのをしっかり肝に銘じておいてください。ではどのように努力すれば稼げるようになるのか?順次このサイトで詳しくお答えしていきます。

初めて風俗アルバイトをする女の子へ①

ほとんどの女の子が普通のバイトをするより効率よく稼げるからという理由で風俗のアルバイトをしようと考えていると思います。いやらしいことやエッチが好きだからこのバイトをやろうという人はまずいないでしょう。エッチが好きなだけだったらプライベートですればいいことですから。確かに風俗バイトは他のアルバイトに比べて単価は高いです。でも昔に比べるとびっくりするくらい安くなっています。ある調査によると風俗のアルバイトのみの平均月収は25万円くらいだそうです。どうでしょう?想像しているより遥かに低くないでしょうか?これは平均なので業種やその女の子の見た目、スタイル、やる気によって大きく変わってきます。この平均には1本2500円の激安デリヘルから1本4万円の高級ソープまで含まれます。年齢層も18歳から60、70歳と上限はなく幅がとても広いです。ですが平均月収が25万円というのは事実です。この現実を知った上でまだ風俗で働きたいと思う女の子は引き続き記事をご覧下さい。

ごあいさつ

皆さんこんにちは!私のサイトに訪れてくれてありがとうございます!管理人のチャッピーと申します。このサイトは風俗のアルバイトを初めてやってみようという女の子の為のサイトです。風俗で働いてみたいけどちょっと怖そうだし何をするのかもわからない。いきなりひとりで面接に行くのも不安ですよね。しかも風俗のアルバイトのことだから友達や家族にもなかなかきくことができないし。そう思っている女の子がたくさんいるみたいです。だからこのサイトを作りました。利益が目的ではないから特定のお店をひいきしたり、紹介したりも一切していません。ほんのちょっとでもお店選びの参考になっていただけたらと思っています。風俗バイトに関係することならどんどんきいてみて下さい。全力でお答えします。当たり前すぎて聞くのが恥ずかしいようなことでもどんどん質問してください。